スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

アンプルールのラグジュアリーホワイトはライン使いすることでシミにアプローチ

メイクの中でも顔の印象を左右しやすいアイテムの一つに、チークが挙げられます。
自分に似合うチークがなかなか見つけられない…という悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。
今回は、私が実際に試した『自分向けチークの見つけ方』をお話します。
まず、購入前に似合う色を把握しておく必要があります。
よく言われるのが、自分の皮膚のトーンや血色に合う色が馴染みやすい…という説ですが、実際にどうやって調べたら良いのでしょうか。
テスターがあれば実際に塗って見るのも良いのですが、簡単なのは自分の指先を使う方法。
一本の指先を軽くつまみ、赤くなり始めたその色を基準にチークカラーを選ぶと、顔色にあったものが選択できると言われています。
これならお店でも簡単に調べられますし、おおよその似合う色がわかるだけでもだいぶ助けになります。
そして、次に重要なのは塗り方です。
これは、なりたいイメージやその人のキャラクターなどによって微妙に異なってきます。
クールに見せたい場合には頬骨あたりに斜めに入れたり、頬骨の少し下あたりを狙うと良いでしょう。
逆にキュート系にしたい場合には、頬骨を中心として丸く塗ると可愛らしく仕上がります。
このようにちょっとしたポイントで合う色や与える印象は変わってくるので、自分にぴったりの色や塗り方を探ることが大切です。
あと最近気になってるものにアンプルールのラグジュアリーホワイトがあります。
「美容液とスポット美容液だけを使っていますが、あまり効果が感じられません。」
アンプルールのラグジュアリーホワイトは、美容液だけでなくクレンジングや洗顔から化粧水乳液までライン使いすることで徹底的にシミにアプローチしていくといいます。
アンプルールラグジュアリーホワイト

 

JUGEMテーマ:美白!

スポンサーサイト

コメント